レイカーズ 対 ピストンズ。 レジェンドのシャックがレイカーズ時代の“ラストダンス”を振り返る

レジェンドのシャックがレイカーズ時代の“ラストダンス”を振り返る

ピストンズ レイカーズ 対

😍 その後追いつかれることなく、ブルズが108-101で勝利し、創部25年目にして初の優勝を果たした。 5 ウエスタン・デビジョン [ ] Team W L PCT. :1999-2000 C• ジョンソンはジャバーが欠場した試合で42得点15リバウンド7アシストを記録してシリーズを制した。

18

ジョージ・マイカン

ピストンズ レイカーズ 対

⚔ 21 リバウンド: 22 アシスト: 6 ピストンズ4-1レイカーズ ピストンズがこのシリーズ初めての100得点を記録し、レイカーズに引導を渡した。

13

2月7日(現地6日)の試合結果&ハイライト:レイカーズが4連勝、ステフィン・カリーが57得点ほか

ピストンズ レイカーズ 対

😇 が引退し、がヘッドコーチから退いてもなお、レイカーズは西の盟主としての立場を堅持していた。 3 個人タイトル [ ]• 1996年に怪物センターのがに入団した際、マイカンと、2人のレイカーズ歴代スターセンターとオニール3人が、1996年11月号の表紙を飾った。

10

NBAピストンズがペイトン&マローンを加えたレイカーズを倒し、...

ピストンズ レイカーズ 対

✊ マイカンは週に3回の人工透析を受けながら最晩年をこの闘いに注ぎ込んだが、2005年に病状が悪化。

シャックの爆弾発言にカリーが反論「3連覇した時のレイカーズを倒せるだろうね」

ピストンズ レイカーズ 対

👈 オールNBLチーム:1947年• 33 :1975-1989 M C 50• キャリア前半はで過ごし、後半のでは2度の優勝を経験した。 4月29日、を新ヘッドコーチとして就任した。

17

2月7日(現地6日)の試合結果&ハイライト:レイカーズが4連勝、ステフィン・カリーが57得点ほか

ピストンズ レイカーズ 対

👍 1979年にが入団してから黄金時代を築く。 しかし最後はボブ・デイヴィスが得たフリースローを着実に沈め、79-75でロイヤルズが勝利した。 ブルズはカンファレンス決勝でピストンズを4戦全勝でスイープしたのである。