柳 広司。 ラスト・ワルツ 柳 広司:文芸書

『二度読んだ本を三度読む (岩波新書)』(柳広司)の感想(33レビュー)

広司 柳

⚓ 真実と裏切りが激しく交錯し、そして自らも偽り欺く……。 私がもう一度読まなければ話にはならない。 政治批判も頻繁に入るが、豊崎さんの言葉を借りれば「批判されたら削除出来る素人」ではないし「返り血を浴びる覚悟」で書いたもの、と思いたい。

アンブレイカブル 柳 広司:文芸書

広司 柳

😊 - 『聖フランシスコ・ザビエルの首』27位• ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 3(2017年4月 ブレイドコミックス)• 素晴らしく味のある登場人物たち。 特に第一話のアジア・エクスプレスはスリルと予想の先をゆく展開、浪漫溢れる仕上がりで久々の傑作です。 Dの魔王3(2010年7月 ビッグコミックス)• でも少々くどい・笑 解説が面白くて面白くて、もう一度読みたくなる本ばかりだ。

5

『二度読んだ本を三度読む (岩波新書)』(柳広司)の感想(33レビュー)

広司 柳

👊 - 『ダブル・ジョーカー』2位• 幸徳秋水、与謝野鉄幹、山県有朋など、日本史の授業でキーワードとして覚えただけだった人々が立体的に浮かび上がり、動き出す。 一方、この時代いろいろ制限はあるにせよ、昭和の戦中と比べれば、まだ言論に自由な雰囲気は残っていた。

19

柳広司さん「太平洋食堂」インタビュー 権力に屈せず、意見言い続けたヒーロー|好書好日

広司 柳

👍 本作はあくまでミステリではありますが、原爆をテーマに扱っていることもあってか、犯人捜しやトリックというミステリでいえば「本筋」にあたる内容よりも、原爆投下に至る、または原爆投下後の科学者たちの心の在り 本作はあくまでミステリではありますが、原爆をテーマに扱っていることもあってか、犯人捜しやトリックというミステリでいえば「本筋」にあたる内容よりも、原爆投下に至る、または原爆投下後の科学者たちの心の在り方の描写の方に、私は惹きつけられました。

ラスト・ワルツ 柳 広司:文芸書

広司 柳

🙃 そう、著者独自の読み方なのだ。

13

柳広司 新刊情報 (157作品)

広司 柳

☕ 谷崎の「細雪」はなぜ世界中に多くのファンを持つのか。

3

『太平洋食堂』(柳広司)の感想(30レビュー)

広司 柳

😔 「山月記」がなぜ、高校の授業で生徒を惹きつけたか。 疾走する特急列車内での暗殺者との駆け引き「アジア・エクスプレス」、映画という題材を巧妙に取り込んで派手めに仕 前作「パラダイス・ロスト」は物足りなさがあったが今回は納得の内容。

6

柳 広司

広司 柳

☣ 子供や動物や難病は出てくるが、残念ながら泣ける小説ではない。 Dの魔王1(2009年8月 )• 百万のマルコ(2007年3月 創元推理文庫)• - 『』2位• そう答えた時の、自分の口調をいまでも覚えている。 取り締まりが勢いを増すと、検挙対象はなくなり、ノルマのために「罪は捜すな、仕立て上げろ」という罪状捏造、過酷な取り調べ、劣悪な環境と怖さがつのる。

9